2012年11月7日水曜日

信条的に近い主義

「神秘主義」


神秘主義(しんぴしゅぎ、: mysticism)とは、絶対者(、最高実在、宇宙の究極的根拠などとされる存在)を、その絶対性のままに人間が自己の内面で直接に体験しようとする立場のことである

英語: mysticism などが「神秘主義」と訳されている。この mysticism の語源をたどると ギリシア語: myein(眼や口を閉じる)に由来するとされており、こうした表現が選ばれたことにより、すでに通常の表現が許されない経験が示唆されている。
神秘主義の根本的な特質は、umio mystica (ウミオ・ミスティカ、神秘的合一)と呼ばれる、絶対者と自己との合一体験にある。行うことが人間を超えた絶対者との合一であり、通常の自己からすれば絶対的に他なる者との合一であるから、それは必然的に自己からの脱却、あるいは自己という枠を突破することを意味する。つまり絶対者との合一は、脱自を行うということになり、神秘家というのは、いわゆる脱我(=エクスタシー)を体験している者である。その体験において、我々が普段“自己”と信じているものは、絶対者の前に吸収されつくして無になり、同時に絶対者は対象ではなくなり、それが真の自己の根拠になる。このような、“自己”の徹底的な死と復活と言える脱我的合一が神秘体験の宗教的な核心となっているのである。



上記はウィキペデイアからの引用。

自分は音楽を聴いたり、大音量で流したりする中で、個人的な脱我を体験しました。
このブログを「おやすみハンキョウ」とした理由は、「眠る」という行為が現実から逸脱できる極めて有効な手段であると思うのと、個人的に「眠る」のが大好きだからです。










 



 

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

<< ホーム